こんにちは。

気持ちの良い季節となってきまいた。
今年はコロナウィルスの影響で
お花見もできず、残念でしたね。

去年の桜の頃のお話になります。

毎月、2回、通院とお買い物をかねて、外出されるT様。
去年の桜のきれいな頃にも、いつものように外出されました。
あまりにもいろんな所の桜が綺麗だったので
ランチがてら、お花見のご提案をさせて頂きました。

するとT様より、
「おすすめのお花見スポットがあるよ。」
とのことで、二人で、お弁当を買ってお花見に行きました。

大きな病院の近くにある、小さな神社でした。
境内の両脇に大きな桜並木がありました。
「ここの桜はすごいんだよ」
「ほら、両脇に植えてある。」
と、いつもの笑顔で教えて下さいました。

いつも笑顔で、冗談ばかりおっしゃっているT様ですが、
少し、ご家族お話を聞かせて下さいました。

T様はお仕事の関係で転勤が多かったそうです。
大阪から東京の本社に転勤になり、
そのころ、埼玉に家を買われたそうです。
埼玉に越してきたら、4歳になるお嬢様が
交通事故で亡くなってしまったとのことです。
そのことが原因で、奥様は体調を崩し、長く患われたようです。
奥様が通われていたのが、近くの大きな病院だったそうです。

「こっちに引っ越してきたらおかしなことになっちゃったよ。」
「ずっと大阪にいれば良かったのかな。」

桜を見ながら、寂しそうにお話でした。

T様の笑顔の裏の悲しい過去に触れ、心が熱くなりました。
この笑顔にたどり着くまでには
並大抵の努力では済まされなかったと感じました。

ご利用者様、皆様が、
お一人お一人が様々な人生を
歩んでこられたと思います。
ご利用者様と関わらせて頂く事で
少しでも穏やかな日常を過ごして頂きたいと思います。